レビトラを扱う横浜のED治療専門クリニック

歴史のあるED治療薬

歴史のあるED治療薬 | 横浜で処方してもらえる

レビトラは、世界で初めて登場したED治療薬としてよく知られているバイアグラに続いて開発されたED治療薬で主成分にバルデナフィルが配合されています。
バルデナフィルは、バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルと同じPDE5型酵素阻害薬というグループに属する医薬品です。
PDE5型というのは、体内に元々ある酵素で勃起の終息に関係している酵素です。
男性が性的に興奮すると、一酸化窒素が体内に放出されます。
それが誘因となり、性器の細胞内で血管拡張物質が大量に生成されて陰茎の動脈に大量の血液が流れ込むと勃起が起こります。
PDE5型酵素は、この血管拡張物質を壊して勃起を終息に導く酵素です。
このふたつのED治療薬の主成分であるクエン酸シルデナフィルとバルデナフィルは、PDE5型酵素の作用を邪魔する薬です。
PDE5型酵素が働かないようにすることによって血管の拡張を維持して勃起の持続を助け、ED症状を皆瀬かするのがバイアグラとレビトラの効能です。
名前にラテン語とフランス語で男性の命という意味を持つレビトラの主成分バルデナフィルには、バイアグラに含まれるクエン酸シルデナフィルに比べて水に溶けやすいという性質があります。
そのため、服用してから血中で最高濃度に達するまでの時間が短くバイアグラに比べて即効性があると言えます。