レビトラを扱う横浜のED治療専門クリニック

横浜で処方してもらえる

横浜のED治療専門クリニックでも、レビトラを使ったED治療をしています。
ここで、クエン酸シルデナフィル、バルデナフィルとも精力剤や媚薬とは異なる医薬品です。
よって、服用すると性的な興奮と無関係に薬の効果が続く間ずっと勃起状態が続くわけではありません。
あくまで、男性が性的刺激を受けて一酸化窒素放出により血管拡張物質が生成されている状態で作用するので、性行為におよび性的に興奮することで起こった勃起の状態を継続する薬です。
また、どんな医薬品についても同じことが言えますが、薬を使用する以上は副作用の発現の可能性や使用にあたっての注意や禁忌事項について知っておかなくてはなりません。
横浜のED治療専門クリニックでも、医薬品を使ったED治療を行うにあたっては既往歴などを確認しながら丁寧な指導があるはずです。
レビトラの主成分バルデナフィルは血管の拡張を維持する効能を持つので、服用により顔面のほてりや頭痛、動悸といった副作用症状が高い割合で見られます。
また血圧の急降下が予想される降圧剤との併用は禁忌事項です。
医薬品を使ったED治療を受けるには、高血圧など既往歴については医師に正しく申告して必要な指導を受けるのが原則です。

歴史のあるED治療薬 | 横浜で処方してもらえる

横浜 レビトラ | レビトラの通販